【水野朝陽】まず良い・・か – マゾOL朝陽の妄想奴●日誌 水野朝陽

投稿者: | 2021年1月10日

マゾOL朝陽の妄想奴●日誌 水野朝陽

退屈な日常を過ごすOL朝陽の密かな楽しみは妄想SM。

空想のご主人様に命令されるがまま家や会社で妄想SMをオカズに自慰に耽る。

そんなある日、現実のプレイに憧れ出会い系のS男性と接触するが、期待を裏切られ傷ついてしまう。

マゾの欲望に身を焦がす女は、こうして、妄想SMの深みにズブズブとはまっていくのだった。

筆責め、エロ車輪、大の字、猿ぐつわ、股縄、鼻責め、乳房枷、股間擦り等、淫靡なSM世界を繰り広げる。

「マゾOL朝陽の妄想奴●日誌 水野朝陽」の本編動画はこちらから

女優名: 水野朝陽

もっとピンポイントで

着衣のバリエーションが多い。

モノローグが本編に被らないのも良いです。

責めはこのメーカーにしてはソフトですが、水野さんの反応自体は悪くないので超ハードが苦手な人にはオススメです。

筆攻め率高め

縛られて弄られている水野朝陽さんを眺める作品。

道具による攻めが多く、本番は少なめ。

朝陽さんの妄想の中での出来事として話が進行します。

道具責め要員として出てくる男優さんも、顔を隠していたりして黒子役に徹しています。

その独特の雰囲気が良い。

なぜか乳首、秘所への筆攻めが多数登場します。

最初の筆責めが終わり、シーンとコスチュームがが変わってもまた筆。

ワンシーン休んでまた筆。

もう裏テーマといっても過言ではありません。

筆責めやコブ縄好きな方向け

はっきり言いますがかなりソフトです。

シネマジックさんならではのガチガチに緊縛してバイブをズコズコというシーンは有りませんしそもそも局部への責めは少なめで何かを挿入することも有りません。

筆による乳首責めと局部へのこすりつけがメインです、通常はかるく前戯程度に行うプレイが殆どという非常に珍しいメニューです。

少数ですがコブ縄や筆責めに特化した総集編も有ることから多少の需要は見込めるかと思いますが無名の女優さんではなく水野朝陽さんという人気女優さんを起用しながらプレイはマイナーというところが素晴らしい。

難点はせっかくの筆責めシーン多めにも関わらず乳首への責めがメインな所が残念です、女優さんの乳首は比較的大きいので見応えありますが開脚拘束して筆でのクリ責めシーンは欲しかったです、刷毛付電動歯ブラシや超極太回転筆といったおもちゃを用意しながらアナルやクリへの責めが無いのはかなり物足りなかったです。

まず良い・・か

水野朝陽さんがなかなか良い。

妄想だからなんでもあり・・の反面、ハードにはならない・・のははじめからわかっているが、彼女のかわいい声がナレーションにも良く合い、内容を引き立てている。

なかなか良い・・と思う。

ただ、盛りだくさんなのに、なんとなく物足りない気がするのはなぜ?・・コスプレ多すぎ?・・着衣多過ぎ?・・演出?・・で、まず良いか。

「マゾOL朝陽の妄想奴●日誌 水野朝陽」の本編動画はこちらから