作者別: pet-moving

犬と一緒の引っ越し。犬の「車酔い」にご注意を!

ドライブ犬

私の人生初めての引っ越しは東京から静岡への引っ越しでした。

小学校6年生だった私は、子供部屋の勉強机やタンスの洋服をまとめるので精一杯でした。
その年頃では引っ越しの思い出といっても大人の大変な思いをよそに、わくわくする気持ちで楽しんでいたのを思い出します。

引っ越し当日、残りの少しの段ボールと愛犬を乗せてレンタカーのワゴンで出発しました。

愛犬はまだ1歳のビーグル犬で、もちろん愛犬にとってもはじめての引っ越しです。

私と妹はどこが旅行気分でわくわくしながら、愛犬と3人(?)で後部座席に座っていたのを今でも鮮明に覚えています。

あれは静岡まであと少しといったところでしょうか。
間に1度サービスエリアでお昼休憩はとっていましたが、愛犬を外に出すわけではありませんでした。
その後の移動中、おなかいっぱいでうとうとしていた時に、私は足に生温かいものを感じました。

ドライブ犬

ハッと見ると、愛犬が私の足の上に嘔吐しているではありませんか!

私は生まれて初めて、「犬の車酔い」を見たと思いました。

それまで何度がお買い物の時に車には乗せていましたが、長時間乗り続けていたのは、その時が確かに初めてでした。

そして足元を拭いてるはなから、今度はうんちまでし始める始末!

コントのように聞こえますが本当の話なんです。

窓を開けて、必死に換気をしましたがそのもろもろ合わさった充満した臭いで、今度は人間の方が酔うほどでした。

「くさい、くさい~」

と私と妹は騒ぎ立ててはしゃぎました。

次のサービスエリアで車内清掃をし、愛犬に外気を吸わせ、動いてリフレッシュさせてやりました。

しかしやはり絨毯にしみ込んだ臭いはなかなか取れず、結局漂う臭いを嗅ぎながら新居まで行ったことが忘れられません。

というふうに、犬を車に乗せて引っ越しするのは危険です。

レンタカーでトラックを借りてももちろん同じです。長距離の場合、乗り捨てという便利なサービスがありますが、犬にはしんどいです。

【参考ページ】乗り捨てもできるレンタカーのトラックについて | http://www.xn--lcki0cry2rra0d9d.net/

トラックは、2トンなど自分で運転可能です。軽トラはもちろんできます。ただ、荷台に愛犬を載せるのは…

さて、そんな愛犬も14年という長生きをしましたが、我が家の引っ越しの多さには驚いていたことでしょう。
その後、彼女(あ、メスなんです。)は4回もの引っ越しに連れ回され、最後はなんと両親の海外引っ越しにまでついて行くことになりました。

愛犬がまだ生きていて話せたら、

「どこの生活が一番楽しかった?」

と聞いてみたいものです。

これから犬と一緒に引っ越しをしようとされている方、「犬の車酔い」は意外と盲点です。
ご注意ください!

Categories: 未分類

海外への引っ越し。犬やペットを連れて行くなら早めの行動を!

おしゃれ犬

仕事の関係で両親が台北に引っ越すことが決まった時の体験談です。

海外への渡航はたくさんあったものの、長期滞在しての生活は初めてでした。
私と妹は大学生で、私は就職も決まっていたので日本に残りました。

我が家にはビーグル犬が1匹いたのですが、在宅時間が圧倒的に少ない私たちよりも、在宅時間も長い母のいる家の方が良いとなり、台北へ連れていくことを決めました。

さて、犬も一緒に引っ越すことに決まったものの、初の試みで未知の世界。

まず台湾の検疫に関わる書類を手に入れる必要があります。
それは幸い父の仕事で台湾の知り合いがいましたので入手してもらいました。

おしゃれ犬

相手国の入国条件を満たさなければならず、まず獣医さんでやってもらうことがたくさんあります。

①狂犬病の予防注射済みである証明書を得る
②マイクロチップの埋め込み、証明書を得る

という2点をやってもらいました。

併せて台湾の検疫書類を全て英語で記入してもらいます。
マイクロチップは個別識別のためで、日本国内でも広がりつつあります。
犬の首あたりに注射器みたいなもので皮膚の中にカプセルみたいなものを埋め込みました。

出国するにあたっては航空会社への事前の申込と、指定された規定サイズや飛行機輸送に適したのゲージを購入する必要があります。

出国当日に輸出検疫(数分で終了します)を受け、輸出検疫証明書を携え検疫官の方が荷物とは別に連れて行きます。

愛犬もどこか寂しそうにこっちを見ていて、一番泣けた瞬間でした。

同じ飛行機で母が台湾に向かう事になっていましたので安心でしたが、もう帰ってこない様な気がしてなりませんでした。

しかし面白ネタで今でも我が家を笑いに包む話があります。

台北の空港に着いたら犬は荷物とは別に検疫官が連れてくるという話だったのですが、なんとスーツケースが出てくるラウンドテーブルに荷物たちと一緒に我が家の愛犬もボーンッと出てきたといいます。

母は

「恥ずかしいのなんのって!」

と言いながらも大爆笑だったそうです。

犬を連れての引っ越し、終わってみたら諸々お金が何万円もかかりました。

移住先の相手国によってまた色々必要なことも異なるそうで、ペットの海外輸送にはやることが多すぎるので決まったら、とにかく即準備を始めることが重要と感じました。

また、引っ越し先でいろいろと登録作業もあるようで落ち着くまで少し大変とのことでした。

Categories: 未分類

引っ越し先の動物病院(救急)も事前に調べておきましょう。

診察犬

先日、引っ越したばかりの友達から、

「うちの愛犬が具合悪いみたい。どうしよう・・・。」

という連絡がありました。

友達は引っ越したばかりなので、もちろんまだかかりつけの動物病院などありません。
近所の動物病院の評判なども知りません。

それは焦りますよね・・・。

私の愛犬が行っている病院はちょっと遠くて、友達の引っ越し先は私も詳しくないのでわかりません。
ネットで調べようにも、あまり情報がなくいまいちヒットしません。

診察犬

そうだ、別の友達が近くに住んでる!
その子も犬を飼ってるから知ってるかも!!

速攻でその別の友達にメールすると、やっぱりその別の友達がかかりつけにしている病院が友達の引っ越し先のわりと近くで、紹介してもらうことができました!

ところがなんと、その日は休診日!!

友達の愛犬は、けっこうな高齢。
年齢も年齢なので、心配です。
明日まで待つのも怖いです。

するとその別の友達が、

「ちょっと待ってて」

と言って、1時間もしないうちに日曜日も診療している動物病院を探してくれたんです!

犬を飼っている人は、自分の愛犬が心配な気持ちがわかります。
だからそういうことがあったら、お互い全力で協力します。

犬だけじゃなく、ペットを飼っている人はみんなそうなのではないでしょうか?

友達の愛犬は、その後その病院で診察してもらい、薬を出してもらったそう。
その薬をちゃんと飲んでいると言っていたので一安心です。

引っ越しをする時は、こういうことがないとも限りませんので、
引っ越し先の動物病院もあらかじめリサーチしておくと安心ですね。

Categories: 未分類

引っ越し先での犬のお散歩。注意点はありますか?

散歩犬

引っ越ししたばかりの犬ちゃん。
慣れない土地でのお散歩はやはりストレスがかかるようです。
始めのうちは新居のまわりを一周するぐらいにとどめましょう。

環境に慣れてきて、自分から違う方向にも興味を示すようになったら、だんだんと長距離のお散歩にしていくのがいいようです。

うちの犬はとっても喧嘩っ早いです。
特に男の子の犬とは相性が悪くて。
お散歩中の擦れ違いは、ほんと大変です。

でも、喧嘩っ早いのはうちの犬だけではないようで。
よく犬と散歩してると、随分向こうの方の犬とガンの飛ばしあいになることがあります。

で、擦れ違いには双方ワンワンワンワン。
リード引っ張るのがホント大変。

特に早朝。
まだ静かな時間に、ワンワンされると、ご近所迷惑になりそうで…。
ホント申し訳ないです。

散歩犬

男の子の犬の本能なんですかね。
でも、しつけがしっかりできている犬もいますし。
うちの犬が喧嘩ふっかけても、我関せず、という顔で通り過ぎて行行く犬もいますし。
性格かしら?
もしくは、しつけ??

うちの犬は甘やかされて育ったので。
しつけもあるでしょうねぇ。

この間もうちの犬の目線の先には、黒芝ちゃん。
間違いなく、ガンの飛ばしあい真っ最中。
うちの犬も、黒芝ちゃんも臨戦態勢。
絶対、仲良くなれるわけないです。

この黒芝ちゃんとは、よくギャンギャン・ワンワンやりあっています。
なので、その日もずいぶん大騒ぎでした。

ですが、ペットを連れて引っ越しをした際には、よくすれ違う飼い主さんには話しかけてみるほうがいいそうです。

「先日引っ越してきまして・・・」

というような話をすれば、近所の動物病院の情報や、この辺りで犬を飼う際の注意点など教えてもらうことができるかもしれません
ネットで調べるよりも、実際に住んでいる人の生きた情報はとても貴重ですよね。

Categories: 未分類

ペット連れだと、旅行や帰省も大変ですよね。

犬も家族

今日、朝の電車でくーんくーんと泣くような声。
ケージに入れられた犬ちゃんがずっと泣き叫んでいました。

あらあら、可哀想に。
お出かけ嫌いなのかな?

犬や猫など動物はどこに連れていかれるのかわかりませんものね。
怖くて鳴いちゃうのも仕方がないですよね。

夏休みの人もいるので、もしかしたらこの方、愛犬を連れての帰省中なのかもしれませんね。
犬ちゃんはずっと鳴いていました。
可哀想に・・・。

でも、お留守番より絶対いいはずだから。
ワンちゃんがんばれ!

って思いながら出勤しました。

犬も家族

ペットがいると旅行や帰省は大変ですよね。

私も犬を飼っています。
毎年夏は愛犬と一緒に実家に帰っています。

うちの犬はあまり鳴かないので、電車も静かでよいのですが、やっぱり怖いみたいで。
鼻息が荒くなっていました。

暑い中の移動も可哀想でしたが、置いていくわけにはいかないので仕方がありません。
でも実家に着いちゃえば、知らない場所に好奇心が刺激されるようで、楽しそうにあっちこっち冒険にでかけています。
家の中で飼っているので、実家への帰省は良い刺激になっていいんじゃないかと思っています。

この犬ちゃんもきっとお出かけ先で楽しいはず。
犬ちゃんが楽しい夏休みを過ごせます様に。

Categories: 未分類

ペット可のマンションに引っ越したら…飼うのは犬? 猫??

犬猫

今日テレビで、猫の特集をしていました。

私は動物が好きで小さい頃から動物と暮らしていました。
インコ、犬、うさぎは飼ったことありますが、実は猫は飼ったことがなくて。
友達もうさぎと犬を飼っている人が多くて。猫ちゃんとは縁がありませんでした、

最近、友達が猫を飼い始めて。
この前、はじめて猫ちゃんと遊ぶ体験をしました。
猫ちゃんも可愛いですね。
最近、猫ちゃんに興味津々です。

猫の特番もとっても面白かったです。
猫ちゃんって緊張すると肉球しっとり。
手汗書くんですって。
面白い。

猫ちゃんの行動を見ていたのですが、猫ちゃんって構って欲しい時は構ってくれないとイヤで。
逆に、構われたくない時は、構われたらうざいんですって。
なんてフリーダムな。

ずっと遊んでいてほしい、触っていてほしい犬とは違いますね。

猫ちゃんの方がが奥深いというか。
個体差があって面白いかもしれませんね。

でも、犬の天真爛漫さも従順さもやっぱり可愛いですけどね。

私は今はペット禁止のマンションですが、そのうちペット可のマンションに引っ越して、犬か猫と暮らしたいなぁ。って思っています。

前までは圧倒的に犬派でしたが、猫ちゃんもいいな?って思う今日この頃。
うちは、共働きなので。
そう思うと、猫ちゃんの方がいいのかなぁ。
どっちにしよー…

犬猫

って、ペット可もなにも、まだまだ引っ越す予定すらないんですけどね。

妄想するだけでも答えは全然出そうにないのですが、
本当に現実化するとなったらどうするんだろう?

Categories: 未分類

犬は地震察知するって本当かな?

敏感な犬

寝ようとしていたら、携帯の防災アプリが鳴りました。

なんだ、なんだ。
何事だ?

と思って見てみたら、静岡震源で、私の両親が住む地方が震度4と出ていました。
そう思っていたら、ここら辺もちょっぴりグラグラ。

「震度4なら大丈夫かな?」

と思いましたが、場所が場所だけになんだかイヤな感じ。

静岡は、東海地震が来る来ると脅され続けた場所で。
脅され続けながらも、ほとんど地震のない場所で。
東日本大震災の時も、あまり揺れなかったみたいだし。
来る時は大きいものなんだろうなー。と思うしかないような場所で。
駿河湾が震源と聞くだけで、身構えてしまいます。

家に電話したら、

「ビックリしたけど大丈夫だったよー」

ということで安心。

ま、震度4くらいなら、ビックリする程度で終わりますものね。
静岡は、イザと言うときの備えは万全な地域ですけど。
それでも、そのイザはずっとずっと先であって欲しいですし。

母は、

「なんだかイヤな予感がする」

と電話で訴えてきました。
そうですよね。夜中にこんな地震があると心配になっちゃいますよね。

敏感な犬

でも、家には犬がいるので。

犬は、地震察知すると聞きます。

大きな地震の前に、犬はソワソワしたり、食欲なくなったり、気が立ったりするんだとか。

野生のカンで何かを察知するんでしょうね。

で、うちの犬はというと、

「お腹だしてひっくりかえって寝てる」

というので。

「それなら大丈夫だよ。」

って笑っちゃいました。

いざと言う時は、頼むよ、犬。

両親をよろしくね。

Categories: 未分類

家族が入院。その間、犬の世話(散歩)はどうする?

フレンチブル

実家の父が入院するそうで、母からヘルプの電話がありました。
助けてほしいのは、犬のことなんですけどね。

私の母は、脚が悪いです。
長く歩くことができません。

犬の散歩は、父がしています。
父は手術をするといっても、大変な手術ではないし、病院にいれば看護師さんがよくしてくれるし、付添は必要ないから、父のことは大丈夫。

でも、犬が困った。
お散歩いけないなんて可哀想。
だから、助けて。

って電話でした。

ま、そうなんでしょうけど。
なんだか、父が気の毒になってしまいました。
もっと、父を心配してあげてよって。

手術ですよ。
体切って内臓いじるんですよ。
怖いじゃないですか。

フレンチブル

確かに、母にできる事は、ほとんどないと思いますけど。
それにしても、ドライすぎませんかねぇ。

母は、内臓系手術も足の外科的手術も、ここ数年で何度もやっていて。
なので、なんだか手術に対して慣れっこになっちゃってるのかも。

でも、犬のことで困るのは確かなので、私が実家に帰らないといけないでしょうね。

近くに妹夫婦が住んでいます。
なので、少し安心なのですが、妹たちも共働きなので。
休んだり早く帰ってこれない事もあるでしょう。

そんな時は、私がやらなくちゃねぇ。

調べたら、朝8:00頃の新幹線に乗れば、遅刻せずに通勤できそう。
最悪、新幹線通勤だな、って思いました。

ま、何とかなるという事で。
「なんとかなるさ」って大切な考えだと思います。

父も母も犬も、きっと何とかなりますよ。

Categories: 未分類

犬が早起きになって困っています。

早起きあくび

実家に帰省中です。
父が入院することになり、犬の世話を頼まれたんです。

実家の犬は、父と母にとっても可愛がられて甘やかされた犬。
とっても可愛いのですが、我儘で、甘ったれで。
実家は、犬中心に回っています。

犬は私が大好きです。
私も大好きなのでとっても嬉しいです。

でも、困ったことがあります。

 

犬は父と母と2階で、私は1階で寝ています。

犬は、普段6時半頃起床します。
なのに、私が帰って来てから犬が起きるのはなぜか5時半。
5時半になると、二階でピーピー鳴く声が聞こえます。

で、ガチャって扉があく音と共に、ドタドタ階段を駆け下りる音が聞こえて。
で、私が寝てる部屋の前の扉をひっかく音。
そして、吠える。
どうやら、私を起こしたくて早起きになってしまった模様。

で、ドアを開けてあげると飛び込んできて、飛びついてくる犬。
二度寝したい私は、犬を布団に誘うも、大興奮で部屋中走り回るは、身体の上に飛び乗るは、でちっともじっとしてくれなくて。

で、仕方がなく起きる私。

早起きあくび

そうすると、満足そうに私の布団にもぐりこんで丸くなる犬。
私を起こすだけ起こして、自分だけ寝るなんてどういう事?

そういうわけで、実家に帰ってから6時起きの日々が続いています。
規則正しい生活と言えばそうなのですけど・・・
朝はゆっくり寝てたいのになぁ。

ホント、我儘犬。
でも、可愛いから許しちゃいます。

Categories: 未分類

実家の犬のペットシッター業、ぶじ任務を終えました。

犬の形をした雲

実家の父がちょっとした手術のため入院しました。
で、私も実家に帰りました。

っていうと、父が心配でついていてあげたくて実家に帰ったように思えるじゃないですか。
でも、違うんです。
母から呼び出されたのですが、私に求められている役割は父のお世話ではありません。
犬のお世話。
ペットシッターとして呼び出されたんです。

犬の形をした雲

実家には家がいます。
もう、実家は犬中心の生活。
犬が一番。
とにかく大切に甘やかされているお犬様です。

甘やかされてるせいか、一人でお留守番ができなくて。
いつも父と母と一緒にでかけるか、父か母のどちらかがお留守番か、トリミングに連れて行って少し長めに預かってもらうか。
こんな調子で。

父が入院。母が付き添い。

じゃぁ、犬はどうするの?

ってことで、私が呼び出されました。
ペットシッターです。

ペットシッター・・・いいんですけどね。
犬、可愛いから大好きですし。
犬も私のこと大好きですし。

でも、なんだかなぁって正直思っちゃいました。

でも、せっかく休みをとって帰省。
犬と一日中遊んでろっていう有難いオーダーなので、心置きなく犬と過ごしました。

犬はいつも父と寝てます。
母と寝るかな?と思ったのですが、

「どうする?私寝るよ。一緒にくる?」

って聞いたらついてきたので、一緒に寝ました。

朝早く起こされて散歩にいって。
ちょっとした買い物も一緒にいって。
一緒にお昼寝して。
母を迎えに行って。
夕方散歩して。
また夜一緒に寝て。

ホント一日中犬と一緒に過ごす生活をしました。
犬は大満悦。
もうすっかり私の犬みたいになっていて、母のところに行きもしません。
可愛いヤツです。

でも、やっぱり父が帰ってきたら大喜びでベッタリでした。
退院した父を見て、尻尾が切れちゃうんじゃないかってくらいブンブン振って、大喜び!

犬、良かったね。

ということで私のペットシッター業も終了。

楽しい4日間でした。

Categories: 未分類